1999年に開催された地方博覧会です。1箇所集中の従来型博覧会とは異なり、和歌山県全域を博覧会場と見立てて開催されました。各地で催される様々なイベントを通 して、和歌山県経済の活性化を計ろうとしたものです。当社では主に3会場ある拠点施設のうち、「田辺新庄シンボルパーク」会場のサイン計画と、「10万人の熊野詣」エリアのサイン計画・グラフィック計画を担当しました。「癒す、満たす、蘇る」というテーマを受けて、「美しく目立つ」をコンセプトにデザインしました。
(展示設計/乃村工藝社)