高槻市のJT生命誌研究館で、2004年から開催されている展覧会です。
全六巻の絵巻仕立てのパネルで、DNAと生きものの研究成果を紹介しています。
グラフィックデザインでは、キャラクターイラストの「蟲愛(むしめ)づる姫君」の楽しさで、難解なテーマを誰にでも楽しめるように工夫しました。
(展示設計/乃村工藝社)