高槻市のJT生命誌研究館で、2002年から2004年まで開催された特別展です。当館は生きものの歴史を、生命誌という新しい観点から読み解く研究館です。
この特別展は、38億年前から続く生きもの同士のつながりを、当館の研究を通して展示発表したものです。
グラフィックデザインでは、特にイラストの精巧さに苦心しました。グラデーションで透明感を表現し、ピクトグラフで直感的な情報伝達をめざしました。

  ●シンボルサイン
●グラフィックパネル
●モビール・パンフレット
(展示設計/乃村工藝社)